ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 治療について

2021年5月29日(土) [ 治療について ]

こんな歯医者は、やめておいたほうが…

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

今回は、歯医者さんを探すにあたって、一言述べさせていただきます。僕の中で、こんな歯医者はやめておいた方がいいという条件があります。

<1>鏡を持たせて、治療必要な部位/治療後を説明する歯医者

鏡
当院では、保険治療/保険外治療にかかわらず、肉眼治療は行いません。

ただでさえ、細かい場所を細かく治療しているのに、お口の中という暗い場所を、鏡を持たせて説明するなんて、見えるはずがありません。

そのようなことは、大学の病院実習で見学をしているときに、「見えていない」という自覚があるはずなのに、患者様に鏡を見せて説明するなんて、説明する気が無いのと一緒です。

僕から言えば、「わざと見えないようにして、はぐらかしている」ようにも見えます。

<2>病院の方針、医院としてどんな内容の治療を患者様に提供したいか、ころころ変わる歯医者

迷い
この内容が、歯医者にとって一番ありえない行為です。

「時代が変わったから」
「状況が変わったから」
確かにそうかもしれません。

しかし、医療を提供するという大前提の中で、変わってはいけない時代に流されない方向性は、常に保っていなければなりません。

それは、治療の計画においても同じです。たしかに、その時々で状況は変わるでしょう。しかし、状況が変わるなかでもゴールは一緒のはずです。

ゴール地点がころころ変わる治療がありますか?

マラソンで例えるなら、走っている最中にゴールがころころ変わるマラソンがありますか?そんなことありませんよね。そんな、方針やゴールがころころ変わる医院では、スタッフだってついていけません。

歯科治療に関して知識もあり、一番見聞きしてきたスタッフに理解してもらえない内容の院長方針は、協力体制も貧弱です。

変わっていいところ、変わってはいけないところの分別がつかない医院は、ダメです。

治療というのは、医科でも歯科でもゴールがあって、それを説明し、患者様と共有し、スタッフの協力とともに、一緒にゴールを目指して走っていくものですから。

医院としての方向性が、グラグラであっち向いたりこっち向いたりしている医院は、やめておいた方がいいです。

<3>とりあえず、理解もせず「最高グレード・高いのを買っておけ」的な院長の医院

本
使い方、機能、なにが優れているのか、何も理解せずに、ただ一番いいものを取りそろえているから、良い治療を提供できると勘違いしている院長は非常に多いです。

例えば受験でいうと、参考書を買ったから勉強できた気になっている、高い参考書買ったからより一層できると思ってしまうのと一緒です。

医療において、そのような院長・医院は、非常に危険です。僕も今までたくさん見てきました。お金に任せて、ただ器具・器材・機械・材料を取り揃えて、それを宣伝広告の材料だけに使おうとする院長・医院。その一例としてマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)が最たる例でしょう。

考え方がしっかりと固まっていて、それに付随する機械・器具・材料を取り揃えている、使いこなしている医院が、最良の医院であると思います。

そのためにも、患者様一人ひとりに時間を割かなければなりません。しかし、保険診療の範疇では、なかなか厳しいものになります。その中で、患者様がどのような治療、どのレベルの治療を希望しているかしっかり考えなければなりません。

芯の通っている先生こそ、いい治療を志そうとしている先生だと考えて間違いないです。

2021年5月24日(月) [ 治療について ]

この歯、どうしますか?

こんにちは。

小林歯科医院のブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。今回は、実際の症例を見てみましょう。

これから実際の写真が出てきます。苦手な方は、この先お読みになるのをご遠慮ください。

<1>これは、ある患者さんの右上大臼歯の保険治療の銀歯です。


この写真は顕微鏡越しに撮影されているので、だいぶ拡大して撮影しています。

もし、保険治療の場合、肉眼でチェックしたら、「問題なし。また定期健診で来てくださいね。」ということになっていたでしょう。

みなさん、どこに問題があるかお分かりですか?この写真の歯には、大きな問題を抱えています。

<2>顕微鏡を使って、丁寧に患者様の歯を削らないように除去をしました。

銀歯の詰め物は不適合になります。どこの医院、誰が作っても境目から細菌感染が始まり、このように黒くなっています。それよりも大きな問題を抱えています。

<3>部分に注目です。隣り合う部分に大きな虫歯が隠れています。

<4>少しだけ削ってみると、中は虫歯が大爆発しています。

一見して、誰もが良い状況でないことが分かります。<1>の写真から、内部がこんな状態になっていることが、肉眼で想像できたでしょうか?

<5>虫歯を除去していくと、部分には小さな亀裂があります。

この亀裂に沿って虫歯は拡大したようです。これだけの亀裂があれば、虫歯の細菌は容易に通り抜けることができます。肉眼では確認ができません。可及的に除去を行っていきます。

皆さんは、どんな治療を受けたいですか?

皆さんの歯への関心・興味・希望が、その天然歯を長生きさせます。

いま、キチンと治しますか?今回も、「とりあえず...」でいきますか?その選択が歯の運命を決めます。

2021年4月8日(木) [ 治療について ]

顕微鏡-治療ツール?vs説明ツール?

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。
今回は、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)の話をします。

前回の記事でもお話ししましたが、顕微鏡を購入して使わない医院や、使いこなせない医院は販売台数ベースで増えているようです。

さて、顕微鏡下は術者にとってよく見えていると、容易に想像がつくかと思います。もちろん良く見えているので、時間はかかりますが丁寧に精密な治療を手助けしてくれることでしょう。

しかし、顕微鏡自身が治療をするわけではありません。よく見えることで、手助けをしてくれるだけです。さらに最近の顕微鏡は、標準装備で記録装置を兼ね備えている場合が多いです。

マイクロスコープ

記録装置が見えている内容や術者が見ている内容の記録を取り、患者様に見せることで今の状態を現実のものとして受け止めてもらい、「どうしてそうなったのか、どうしたらそうならないようにできるのか」を自分の問題として理解してもらう必要があるからです。

いままで、歯医者さんに行ったとき、鏡を渡されて「ここがこうです。」「ここがこうなっています。」と説明された経験あるかと思います。僕もあります。

はっきり言わせてもらって、「そんなの見えるわけないでしょ!」って、ずっと思ってきました。何の意味あるんでしょうか?と僕は思っています。

マイクロスコープ

また他人の歯の治療見本を見せられても、ピンとこないですよね。自分に起きていることだからこそ、身に迫っていることとして受け止められるわけです。

そのような意味で記録は重要ですし、それを踏まえて説明を受けたら、自分のことなので「何とかしなければいけない」と思うことでしょう。

歯科用の顕微鏡は治療の手助けツールとして、最強の武器です。同時に、最強の説明ツールでもあるのです。

自分の歯が、いまどんな状況なのか、どれだけ良くないのか、どれだけ良くなったのか、見たい知りたいですよね。

歯科医師の十分な説明は、重要なことであると、小林歯科医院では考えています。

2021年4月8日(木) [ 治療について ]

顕微鏡-見えるvs見たい

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。
今回は、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)の話をします。
マイクロスコープ

最近では、マイクロスコープが医院にあることを宣伝材料にする医院が増えてきました。所有率でみると、2桁のパーセントにようやく達したと言われています。しかし、マイクロスコープをしっかり使いこないしている医院は、5%にも満たないと言われています。

たしかに視野が拡大されるので、良く見えることでしょう。例えば、ぼんやり見えていた遠くの富士山の風景/景色が、山頂だけはっきり見える、ということになります。
富士山縮小

しかしながら、術者は山頂の何が見たいのでしょうか?
単に遠くの富士山の山頂がはっきり見える。それでいいのでしょうか?山頂の観測所を見たいなら、それを視野に収めなければなりません。

富士山拡大

結局「何を見たいか」それが無いのに、ただむやみやたらにマイクロスコープで拡大したところで「意味が無い」ということです。

何かが見たい、見つけたいから拡大視野にするのと、ただ漠然とよく見たいのとでは全く意味が違います。漠然と大きく見たいだけなら「じゃあ見えたところでどうしますか?」というきちんとした治療に結びつかないからです。

あなたは、どういう治療を受けたいですか?
マイクロスコープを使わない、あまり見えていない治療
マイクロスコープで、単に見えているだけの治療
マイクロスコープできちんと見つけて、見ている治療
どれを選択しますか?その選択に、あなたの歯の将来が決まってくると、僕は思います。

2021年3月12日(金) [ 治療について ]

歯の神経(歯髄〔しずい〕)を残すことへのこだわり

こんにちは。
このブログに辿り着いた皆さんは、こだわりの治療に興味があるモチベーションの高い方たちであると思います。
今回は、歯の神経(歯髄)の話をします。

「根管治療」という言葉は、歯の治療にこだわりがある方には耳馴染みがあると思います。しかし「根管治療」とは、歯の神経を除去してしまう、またはすでに神経の無い歯の治療法です。
その前にまずは、歯髄の生死を的確に判断し、神経を残す歯髄温存治療をしてみませんか?

歯根の内部には、神経が走行しているとともに、動静脈によって血管も走行しています。もし、神経を温存的に治療ができるなら、残しておいた方が歯にとって幸福です。それは、血流によって歯に栄養や酸素が運ばれ、歯への修復機転が働くからです。

確かに、神経を除去せざる得なくなった場合には、キチンとした根管治療が大事になってきます。しかし、もし神経や血流が残せそうなら、1度残してみませんか?

当院で神経を残すことに使われる薬剤は、保険診療では使えない特別な薬剤を使用しています。MTAセメント(Mineral Trioxide Aggregate〔ミネラル三酸化物集合体〕)といわれる、特殊な無菌的歯科用セメントを用います。

MTA

多少深かったり神経に達するようなむし歯であっても、神経を除去せずに患部にこの特殊なセメントを封入します。
この特殊なセメントの作用により、身体による自然治癒を促すのです。※あまりにむし歯が深い場合には、この治療法は使用できません。

歯髄にむし歯が達している段階で、歯髄を除去して根管治療をするのも、治療の方法として正しい選択肢の一つです。
しかし、もし別の方法により歯髄を残すことができるのであれば、それは歯の寿命を伸ばし、抜歯のリスクを少しでも減らすことができるようになります。

「抜歯しても、インプラントすればいい。」と考える方もいるかと思います。しかし、インプラントはあくまで「人工物」です。よく噛めるようにはなるのかもしれませんが、神経がないため噛んだときの「硬い」「柔らかい」といった感覚はありません。

除去した神経は、元通りになることはありません。神経を除去して残った歯は大事な血流を失っているため、水の通わない樹の状態と等しくなります。

木

MTAセメントによる治療は保険診療には対応していません。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

2021年1月5日(火) [ 治療について ]

精密根管治療 (2)

こんにちは。
今回も前回に引き続いて、当院の特徴である「根管治療」のお話をします。

根管治療は、歯根の中の神経管を消毒する治療でもあります。

ファイル

その消毒は、ファイルと呼ばれる針金のような器具を用いて行います。
ファイルは金属製で細長い物のため、金属疲労によって先端が折れてしまい、歯根の中に残ってしまうことがあります。
実はこの「破折ファイル」は、どの歯科医院でも一般的によく起こるメジャーな問題なのです。
金属疲労はあらかじめ予知することは難しいので、折れてしまうこと自体は仕方のないことと言えます。

その残留した破折ファイルを除去するべきかどうかは、歯根の中の

「どの部位で折れてしまったのか」
「どういう折れ方をしたのか」
「それが残存することで症状があるのか」

によって判断することになります。
無理に除去しない方がよい場合もあり、その時はあえて歯の中に残したままで治療を完了させます。

歯根の中に残ったファイルが炎症を起こしていたり、再治療の邪魔になる場合は、取り除くという判断になります。
その場合でも、歯根の中に残留した小さなファイルを除去することは非常に難しく、肉眼で行うことは100%無理でしょう。
ほぼ視認できていないような状態で、強引に除去しようとすれば、逆に歯根を傷つけてしまう可能性が非常に高いです。
マイクロスコープ無しでファイルの除去を行うことは、無謀で暴挙とも言える危険な行為なのです。

今回は、他医院の治療で残留した破折ファイルを、当院がマイクロスコープを用いて除去した例をお見せします。

ファイル除去1

ファイル除去2

ファイル除去3

■ 破折ファイル除去

 <前歯>
 ¥55,000(税込)

 <小臼歯>
 ¥77,000(税込)

 <大臼歯>
 ¥110,000(税込)

2020年12月23日(水) [ 治療について ]

精密根管治療 (1)

こんにちは。
最近ではメディアや歯科医院のホームページなどで、「根管治療」(歯の神経が通る根っこの部分の治療)について取り上げられることが多くなっています。
歯科治療に興味がありアンテナを張っている患者さんは、根管治療に伴う「マイクロスコープ」や「ラバーダム」というキーワードも知られるようなり、当院でもお問い合わせをよくいただきます。

歯科医院側も、そういった器械・器具・道具を所有していることをアピールするようになってきています。しかしホームページをよく読んでみると、ただそれらを所有しているだけ、とりあえず揃っているだけという医院を多く見かけます。

「とりあえず高い器械を導入したから、これでいい治療ができる」

それは間違った考え方です。

高額な器械≠より良い治療

皆さんは、100円均一のショップで「安いけど、これはとても良く考えられた、便利なアイテムだ」という商品に出会ったことはありませんか?(確かに、「安かろう悪かろう」という物もありますが……)

それは歯科の診療器具や材料でも同じことが言え、「高い物が常に一番良い」とは限らないのです。思考停止して、ただ値段だけで判断してはいけません。
自らの治療に何が必要なのかを理解して、使用する器具や材料を見極め選択できること―それがよい歯科医師に必要な資質です。

他の記事を読んでいただければ分かると思うのですが、どのようなトピックにおいても、この考えは通底しています。

今回は、当院の「精密根管治療」の例をお見せします。

画像

上の写真上部が他院での治療、下部が当院での治療です。
精密な根管治療、特殊な充填方法により、根の先端にある病変が治ってきているのが直感的に分かっていただけると思います。

画像

■ 精密根管治療 大臼歯(再根管治療)
 <MTAセメントによる根管充填代も含む>
 ¥132,000(税込)

■ 土台除去(金属/レジン)
 ¥11,000(税込)

■ 隔壁作製
 ¥11,000(税込)

根管治療について気になる方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

2020年12月23日(水) [ 治療について ]

無痛と麻酔

こんにちは。
最近では、「無痛治療」ということをうたっている歯科医院が、町にあふれてきました。
無痛って、何が無痛なのでしょうか?どうすれば無痛なのでしょうか?
皆さんの脳裏には、

「注射=痛い」

というイメージがあることと思います。
それでは、注射の痛みとはなにかを考えてみましょう。

【 1. 注射の針を刺すときの痛み(痛みがあるであろう)イメージ】

注射器の種類によりますが、ほとんどの場合が注射針を用いた注射になります。
よって、注射針が刺さる時、痛みが生じることは間違いないところです。
もちろん、太さによって痛みも変わってくる(変わるであろうイメージ)は、ぬぐえないところだと思います。
それを逆手にとって、審美専門の自費のクリニックでは、無痛麻酔と称し、単に注射の針の太さを変えることだけで、1万円とか1万5千円とか請求しているクリニックもあるほどです。
それなら、わざわざ太い注射針を、「通常ではこちらを使用します。。。」ということで、わざわざ仕入れたりせず、最初から細い針を通常の物として使用・導入すればいいのに。。。と、思ってしまいます。
当院では、歯科で使われる一番細い注射針を通常使用し、わざわざ「通常は太いものをお金払えば細くできます」とかしません。最初から一番細いものを仕入れて使用するほうが合理的ですし、そのようなことをすることに意味がないし、患者様をいたずらに金銭的負担を多くするだけと考えます。

【 2. 注射の液が流れ込んでくるときの痛み】

注射の痛みは、どちらかといえばこちらのほうが、痛みとして強いかと思います。
歯科医師は、術者としてバンバン注射することはあれど、患者として注射されることは少ないです。したがって、安直に針を刺すときだけ気を付ければいいと考えがちです。
よって、注射時の痛みも、細かくは考えていないと思います。

パソコン上でのシミュレーション

この、注入時の痛みを最小限にするためには、注入時のスピード、注入圧を、常にモニターしながら流入してあげることが重要になります。
そのために、当院では電動注射器を使用し、注入速度をコントロールしたり、注入時の圧力を機械で判断できるものを使用しています。

以前のブログにも書きましたが、このように道具・器具・材料には、こだわりと、それを使用するに至った明確な理由がなければ、精密な治療、ましてや歯科用顕微鏡を使って治療ても、無意味同然です。
そのため、精密な治療を提供するということは、すべてがリンクをしており、無駄なところは一片もありません
よって、ひとつでも道具・器具・材料に手抜かり、考え方に手抜きがあるような医院において、僕は精密な治療を提供されるという風に思えないと思っています。

2020年12月17日(木) [ 治療について ]

インプラント治療とCT撮影とガイド

こんにちは。
「インプラント治療」という名称は、一般にもかなり浸透してきています。
見たり聞いたりした
だけではなく、「実際に治療を受けた」という方もいると思います。

インプラント治療は、歯を失った部位に人工の歯根を埋設して、その上に新しく歯を補う治療です。
皆さんのイメージの中では、「大変な治療」と感じられているかと思いますが、
この治療も重要な「長期予防的低介入治療」の一つです。

歯を失ってしまった箇所の治療法は、原則3種類しかありません。
その中から選択することになります。

3つの治療法

①歯を失った部分に入れ歯を装着する(義歯治療)
②歯を失った部分の両隣りの歯から橋のように連結した修復物を装着する(ブリッジ治療)
③歯を失った部分に人工の歯根を埋入してその上に修復物を装着する(インプラント治療)

①も②も、歯の無い部位を補う解決方法として、どうしても他部位の力を借りることになります。
そして頼られた部位には、力の負担や削られてしまうという迷惑をかけることになります。迷惑をかけられた歯にとって、①②の治療法は、当院の掲げる「長期予防的低介入治療」ということにはなりません。

それでは、③インプラント治療について考えてみましょう。

昨今ではインプラント治療における事故の報道も散見されるため、恐怖が先行してしまう方も多いと思います。
そのような医療事故を防ぐため、最近では治療前にCTで患部の撮影を行うことが一般的になりました。町の歯科医院でも、CTを備えている所が珍しくなくなりました。

パソコン上でのシミュレーション

そこからさらに進化して、CTで撮影した歯やあごの骨の状態を元に、パソコン上でどのように人工歯根を安全に埋入するのかシミュレーションするという医院も増えてきています。

そしてパソコン上で安全性をシミュレーションしたのであれば、実際に人工歯根を埋設する際にも、そのシミュレーションどおりの部位・深さ・方向を担保する必要があります。その処置を、フリーハンドで行っていては、何の意味もありません。
「安全を確認した」と言っても、それは机上の空論です。ただのパフォーマンスのためのシミュレーションといっても過言ではないでしょう。

サージカルガイド

当院では、そのような無意味なパフォーマンスは行いません
パソコン上でシミュレーションした内容を、実際の処置でも担保できるよう、外科用のガイド(サージカルステント)を必ず制作し、治療に用います。
このガイドを用いれば、シミュレーション通りに人工歯根を埋入することができ、安全の確保・治療計画の正確な実現が担保されます。

まだこのガイドを用いたインプラント治療は一般化しておらず、CT撮影することだけがクローズアップされてしまっているのが現状です。

CT撮影はあくまで検査であり、そこから得られたデータを、どのように実際の治療に用いていくのかが重要です。

この考えに基づき、当院のインプラント治療では、100%ガイドを用いた処置を行っています。

2020年12月17日(木) [ 治療について ]

精密治療を実現するため、全てのことに意味があります

マイクロスコープ

こんにちは。
今こうして当院のブログを読んでいただいているということは、「精密歯科治療」ということに興味を持っていただいているのだと思います。

以前の記事でも説明してきましたが、当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密歯科治療を行っています。

【マイクロスコープを用いる治療の価値】

ここでは「顕微鏡があることが凄い」ということではなく、「どれだけ使いこなしているか」ということが重要になります。
せっかくマイクロスコープを導入しても医院の片隅に置かれ、使われることなくホコリをかぶり、オブジェとなってしまっている医院は、実は数多く存在します。

メーカーの販売データを見ると、日本全国でマイクロスコープを導入している歯科医院は10%ほどであると考えられます。
しかしこの中でしっかりと使いこなせている医院は、数%に過ぎないでしょう。

マイクロスコープは視野が大きく拡大され、肉眼では見えないものを見ることができます。
しかし「見える」ということがゴールではありません。その拡大された視野に「うわー、スゴイ!」と驚いているだけであれば、 歯科医師以外の誰が見ても同じでしょう。

目的は、単純に「大きく拡大して見る」ということで
はなく、「何が見たいか」「それを見るためにどのくらいの倍率が必要であるか」ということなのです。それぞれの治療によって、必要な倍率は異なります。
そして「じゃあ見えたから、どうする?」ということに問題は移っていきます。

ではここで、歯を削るための器械の話をさせていただきます。

当院では、歯を削るために「タービン」は一切使用しません。

タービンとは、「キュイーン」というあの独特の甲高い音がする、ドリルを回転させるための器械です。
あの音は、空気の圧力で羽根車を高速回転させ、その回転によりドリルを回している音なのです。空気圧で羽根車を回しているため、ドリルの回転力(トルク)は強くありません。
ドリルが歯に触れると、その抵抗の方が羽根車を回す空気の力より強くなり、ドリルの回転数は落ちてしまいます。
また足元のペダルで空気のON/OFFのみを制御しているため、回転のコントロールはできません。
そのような器械で、歯を精密に削ることはできません。

精密な治療を実現するためにマイクロスコープを使っているのに、タービンで削っていては本末転倒ということです。

5倍速コントラ

そこで当院では、電動モーターでドリルを回す「5倍速コントラ」を使用して歯を削ります。
モーターであるため回転のトルクは常に一定であり、電気で制御されているため足元のペダルで回転数のコントロールが可能です。これであれば、精密で正確な歯の切削面を描出することができます。

この話からも分かっていただけると思いますが、マイクロスコープによる治療にこだわるのであれば、その他すべての器具・器械・材料にもこだわらなければ意味を成さないということです。

「マイクロスコープで治療をする」≠「マイクロスコープで精密な治療をする」

ということなのです。

当院では「マイクロスコープによる精密な治療をする」ために、用いる器具・器械・材料には、すべてにおいて意味と理由、こだわりがあります。

タグ

カテゴリー一覧