ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 治療について
  4. いつ治すの?いまでしょ?

2021年9月24日(金) [ 治療について ]

いつ治すの?いまでしょ?

こんにちは。

小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

今回は、良くお聞きする患者さんの後悔話をつらつらと…。まさしくあるあるですので、参考にされてはいかがでしょうか?

費用から考えるあるある後悔話

これはむし歯の治療にいらっしゃった、とある患者さんの話です。

はじめはまだむし歯が小さく、詰め物の治療で済むことができたので、「とりあえず、保険診療の銀歯で…」と保険治療を希望しました。そのときのお会計は数千円程度で済んだのですが、しばらくしてから銀歯の下でむし歯が再発し、今度は被せ物になってしまいました。しかもお会計は1万円以上かかってしまったのです。

それなのに今度は、銀歯の被せ物の内部でむし歯が再発し、神経を取らざる得なくなり、銀歯の被せ物も再作製になりました。
女性
ところが、またしばらくしてから根の病気が再発し、根の治療は再治療となったのです。もちろん銀歯の被せ物も再作製です。保険といえども、2回も被せ物を直すと費用の負担は大きいものでした。

これで安心したのも束の間、その治療部位の歯肉が腫れてきたのです。診察を受けるとなんと歯の根が割れており、抜歯だと言われました。入れ歯はイヤだったし、ブリッジで周囲の歯は削りたくない。そうしたら、インプラントしかないなぁ。と思い、費用を聞いてみると、えっ、40万っ…!歯がなくなるもっと前に、ちゃんと治しておけばよかったと後悔しました…。

この患者さんは歯を失ってから初めて自分の歯の大切さに気づいたのです。治療のステージが上がると、キチンと治すこともお金がかかります。早期発見、早期治療はご自身の歯の寿命を長くし、費用の負担も少なくて済みます。
マイクロスコープ
キチンとした治療をいつやりますか?後でいいですか?今の方がいいんじゃないですか?

タグ

カテゴリー一覧