ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 治療について
  4. え~、治療したばっかりなのに…

2021年9月21日(火) [ 治療について ]

え~、治療したばっかりなのに…

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

今回は、患者さんからよく聞く言葉を考えてみます。

<1>えっ!治療したばっかりなのに…

治療したばかり
当院ではマイクロスコープを用いて拡大倍率下で、できるだけ精密な治療を行っています。それゆえに、すでに治療した詰め物・被せ物の不適合や、形態の不備が目につきます。せっかく保険外で白いものを入れたのに、中がむし歯になっていたり、歯の根っこが再感染していたりすることが多く、白い詰め物・被せ物を壊してもう一度根の治療のやり直しや作り直しをしなければいけなくなる…。このような症例は患者さんにとっても、ドクターにとっても悲しいことです。

その原因は保険治療での「肉眼レベルの盲目的治療」で行うがゆえに、細部まで見えていないため起こりうるべき仕方のないことです。また、根の治療を顕微鏡レベルで行っても最終的な詰め物・被せ物を保険レベルで補うと不適合になりがちで、根の感染の再発は容易にして起こります。

一生に一度の天然歯のことです。保険治療で行うその場しのぎの治療を受けるのをやめて、自分の歯についてしっかり考えてみませんか?

<2> 毎回、定期健診をしてもらっているのに…

定期健診は非常に重要なことですし、有意義なことです。しかし、保険治療を受けてきた不適合で隙間だらけ、段差もあり表面がザラザラの状態では、いくらがんばって歯ブラシをしても歯肉の炎症なくキレイに、歯周病も予防して、さらにむし歯にならないように、なんて無理だと思いませんか?

歯磨き
そもそも、隙間があるといくらプロの歯科衛生士が医院でプロのテクニックでキレイにしても、そんな隙間まではキレイにできません。よって、せっかく定期的にお掃除に来ていただいているにもかかわらず、むし歯になってしまうという事態に陥ります。

キチンとした処置でゴールを迎え、さらにそれを維持するために定期的にプロの歯科衛生士にキレイにしてもらうということ、それこそが予防であり、それこそが歯を残すということではないでしょうか?

いまや、歯を治療してもらうのに「近くの歯医者さんで…」と言うような、とりあえずで歯科医院を選ぶといった時代は終わりました。自分の体の一部である歯を、最後まで残すにはどうしたら良いかを考えるとき、「とりあえず…」では解決できない時代になっています。

歯を良くみがきましょう=むし歯予防、これは間違いないかもしれません。しかし、予防の一部にはキチンとした治療を受けることが前提であるということこそ、大切だと思いませんか?

タグ

カテゴリー一覧