ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 2021年09月

2021年9月28日(火) [ 治療について ]

精密根管治療と家の建築

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

歯医者で保険のきかない被せ物を勧められたりする経験は、よくあるかと思います。これは根の治療(根管治療)が終わり、被せ物(クラウン)を作製していく、そういう流れのためです。

被せ物(クラウン)を勧められた時「奥歯は見えないから…」「上の歯だから見えないから…」を判断基準にしている患者さんは多いかと思います。

しかし、根の治療の状態が肉眼レベルでの治療で被せ物だけ勧めてくる、しかも自費診療の被せ物を、保険診療と同じ肉眼レベルで削って作製するということは、製作物レベルは保険の肉眼レベルと同じだと思いませんか?

当然、根の先で感染が再発したら、自費の被せ物は全部壊して再作製しないといけません。保険と同じく肉眼で治療された根管治療に、保険と同じく肉眼で削られた自費の被せ物、それでいいのでしょうか?

これを家の建築に例えると、土台の工事を疎かにしたところに、お金かけたお城を建てるものです。そんな新築の家に住みたいと思いますか?本当にそれでいいんですか?
土台
お城のような素晴らしいものを建てるなら、キチンと基礎工事をしたところに建てたほうが良いのではないでしょうか?僕だったら、キチンと基礎工事をしたところに建てて欲しいです。基礎工事をおろそかにしたお城、傾きます。ひと昔前によくあった、欠陥住宅と同じです。

キチンとした建築は、キチンとした基礎工事から。当たり前ですよね。そんな疎かな基礎工事に、僕が削って自費の被せ物を作って根の感染が再発したら、患者さん本人も嫌な思いしますし、僕だってせっかく作ってお金頂戴している被せ物が、すぐ根の病気で壊さなくてはいけなくなるなんて、すごく嫌です。
傾いた家

根の治療成績は根の治療後の被せ物の内容に非常に依存します。顕微鏡レベルで根管治療を行っているのに銀歯の被せ物を入れるのも精密根管治療をやる意味がありません。

意味のある治療、意味のある工事をすることで、素晴らしい治療の結果、すばらしい家が建つことは、同じ意味です。

長く住める家に住みたいですよね?

2021年9月24日(金) [ 治療について ]

いつ治すの?いまでしょ?

こんにちは。

小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

今回は、良くお聞きする患者さんの後悔話をつらつらと…。まさしくあるあるですので、参考にされてはいかがでしょうか?

費用から考えるあるある後悔話

これはむし歯の治療にいらっしゃった、とある患者さんの話です。

はじめはまだむし歯が小さく、詰め物の治療で済むことができたので、「とりあえず、保険診療の銀歯で…」と保険治療を希望しました。そのときのお会計は数千円程度で済んだのですが、しばらくしてから銀歯の下でむし歯が再発し、今度は被せ物になってしまいました。しかもお会計は1万円以上かかってしまったのです。

それなのに今度は、銀歯の被せ物の内部でむし歯が再発し、神経を取らざる得なくなり、銀歯の被せ物も再作製になりました。
女性
ところが、またしばらくしてから根の病気が再発し、根の治療は再治療となったのです。もちろん銀歯の被せ物も再作製です。保険といえども、2回も被せ物を直すと費用の負担は大きいものでした。

これで安心したのも束の間、その治療部位の歯肉が腫れてきたのです。診察を受けるとなんと歯の根が割れており、抜歯だと言われました。入れ歯はイヤだったし、ブリッジで周囲の歯は削りたくない。そうしたら、インプラントしかないなぁ。と思い、費用を聞いてみると、えっ、40万っ…!歯がなくなるもっと前に、ちゃんと治しておけばよかったと後悔しました…。

この患者さんは歯を失ってから初めて自分の歯の大切さに気づいたのです。治療のステージが上がると、キチンと治すこともお金がかかります。早期発見、早期治療はご自身の歯の寿命を長くし、費用の負担も少なくて済みます。
マイクロスコープ
キチンとした治療をいつやりますか?後でいいですか?今の方がいいんじゃないですか?

2021年9月21日(火) [ 治療について ]

え~、治療したばっかりなのに…

こんにちは。
小林歯科医院ブログに辿り着いたみなさんは、こだわりの治療に興味津々のモチベーション高い皆さんと推察しています。

今回は、患者さんからよく聞く言葉を考えてみます。

<1>えっ!治療したばっかりなのに…

治療したばかり
当院ではマイクロスコープを用いて拡大倍率下で、できるだけ精密な治療を行っています。それゆえに、すでに治療した詰め物・被せ物の不適合や、形態の不備が目につきます。せっかく保険外で白いものを入れたのに、中がむし歯になっていたり、歯の根っこが再感染していたりすることが多く、白い詰め物・被せ物を壊してもう一度根の治療のやり直しや作り直しをしなければいけなくなる…。このような症例は患者さんにとっても、ドクターにとっても悲しいことです。

その原因は保険治療での「肉眼レベルの盲目的治療」で行うがゆえに、細部まで見えていないため起こりうるべき仕方のないことです。また、根の治療を顕微鏡レベルで行っても最終的な詰め物・被せ物を保険レベルで補うと不適合になりがちで、根の感染の再発は容易にして起こります。

一生に一度の天然歯のことです。保険治療で行うその場しのぎの治療を受けるのをやめて、自分の歯についてしっかり考えてみませんか?

<2> 毎回、定期健診をしてもらっているのに…

定期健診は非常に重要なことですし、有意義なことです。しかし、保険治療を受けてきた不適合で隙間だらけ、段差もあり表面がザラザラの状態では、いくらがんばって歯ブラシをしても歯肉の炎症なくキレイに、歯周病も予防して、さらにむし歯にならないように、なんて無理だと思いませんか?

歯磨き
そもそも、隙間があるといくらプロの歯科衛生士が医院でプロのテクニックでキレイにしても、そんな隙間まではキレイにできません。よって、せっかく定期的にお掃除に来ていただいているにもかかわらず、むし歯になってしまうという事態に陥ります。

キチンとした処置でゴールを迎え、さらにそれを維持するために定期的にプロの歯科衛生士にキレイにしてもらうということ、それこそが予防であり、それこそが歯を残すということではないでしょうか?

いまや、歯を治療してもらうのに「近くの歯医者さんで…」と言うような、とりあえずで歯科医院を選ぶといった時代は終わりました。自分の体の一部である歯を、最後まで残すにはどうしたら良いかを考えるとき、「とりあえず…」では解決できない時代になっています。

歯を良くみがきましょう=むし歯予防、これは間違いないかもしれません。しかし、予防の一部にはキチンとした治療を受けることが前提であるということこそ、大切だと思いませんか?

タグ

カテゴリー一覧