ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 治療について
  4. 「歯科治療」という名の「フルマラソン」

2020年12月5日(土) [ 治療について ]

「歯科治療」という名の「フルマラソン」

こんにちは。
このブログを読まれているということは、歯に悩みや関心があり、調べて行くうちに当院のこのサイトにたどり着いた方ではないかと察しています。

そんな皆さまの中では、自分のお口の中の状態について「3ヶ月に一度定期的な検診に行っているから大丈夫」「いま痛くもなんでもないから大丈夫」と安心していらっしゃる方も多いと思います。

例えば、定期健診をしっかりと受けて「問題ありません、それではまた3ヶ月後に来てください」と歯科医師から言われていたとします。
しかし、その健診が肉眼レベルで行うものであれば、情報量が少ないがゆえにお口の中の小さな異常を見過ごされているだけかもしれません。
そのような状態で、本当に歯を守っていることになるのでしょうか?

最近ではNHKで「銀歯の下はむし歯だらけ」と特集を組まれるくらい、保険による金属の治療の限界は、一般的に認識され始めています。
皆さんのお口の中にも、保険治療の銀歯があるのではないでしょうか?
何も詳しく説明されずに、いつの間にか銀歯で治療をされていたという声は、当院の患者さんからも多く聞こえてきます。
保険診療となると説明に多くの時間を割くことができず、他の歯科医師の方々も苦慮されていると思います。しかし「もし説明されていれば、保険の銀歯の治療は選択していなかった」という患者さんからのお叱りの声もよく耳にします。

「今まで受けてきた銀歯の治療」=「長年の負の蓄積」を全てリセットしたいと考えられた場合、お口の中の全ての銀歯の治療をやり直す必要があります。
その治療には長い時間と、多くの経済的な負担が発生します。
そのことを、「フルマラソン」に例えてみましょう。

マラソン・ランニング

お口の中の銀歯や問題を全て治療し終えて、完璧で理想的な状態―それを、フルマラソンの42.195kmを完走した状態とします。

マラソンは、無理をして自分に合わないペースで走り、結局苦しくなって5kmでやめたり勝手に10kmをゴールとしてしまっては意味がありません。
どれだけ時間をかけようと、42.195kmを走り切れば、完走したことになります。
世界トップレベルの2時間というタイムで走る必要はありません。自身のペースで6時間をかけて走ったとしても、完走したことに変わりはないのです。

このことを、歯の治療に置き換えて考えてみてください。

毎週1本ずつのペースで保険外の治療を受けていれば、身体的にも経済的にも疲弊して、嫌気がさしてくると思います。
これは、フルマラソンを2時間で完走しようとするペースの治療といえるでしょう。
しかし月に1本ずつ、ゆっくりと歯を治していったとしましょう。たしかに時間はかかるかもしれませんが、身体的にも経済的にも負担はかなり軽減されていきます。
そのため、このゆっくりしたペースで続けていけば、治療を最後まで完遂することができるでしょう。

小林歯科医院は「完走をする」ということが、何よりも大切なことだと考えています。
患者さんがしっかりと完走できるようなペースでの治療を提供しています。
そのために、治療にかかる経済的な負担を軽減できるような工夫も行っています。

また肉眼レベルの治療を受けている方は、自身が気づかないうちに10kmでマラソンをやめてしまっている状態かもしれません。
そのような状態で「定期検診をしっかりと受けているから」と安心しても、意味がありません。

是非、私たちと一緒にフルマラソンを完走しませんか?

タグ

カテゴリー一覧