ブログ
blog
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 2020年08月

2020年8月22日(土) [ 治療について ]

当院が「メタルフリー」治療を行う理由

当院では、金属を使用しない「メタルフリー」治療を掲げています。

ただし、治療に金属を使用すること自体は「悪」ではありません。
保険診療のルールのもとで使用される、「金属の素材」と「接着剤」の組み合わせに問題があるのです。

銀歯と呼ばれる修復物

保険診療で使用される銀色のつめ物やかぶせ物は、一般的に「銀歯」と呼ばれています。この銀歯は純粋な銀ではなく、様々な金属を混ぜ合わせて作られています。
その結果耐久性を持たせることはできるのですが、精度が犠牲になっています。
この金属の性質では、削った歯にぴったりと適合する精密な修復物を作ることができません。
その不適合をうち消すために接着剤を使用するのですが、保険診療で使用できる接着剤では理想的な合着(修復物と歯の接着)ができません。
純粋に「接着するため」だけではなく、「不適合の隙間を埋めるため」という目的もある接着剤では、接着力という品質が劣ってしまいます。その結果、修復物が外れてしまったり、歯と修復物の隙間からむし歯が再発するということが頻発してしまうのです。
つまり、

「悪」の修復物+「悪」の合着方法=むし歯が再発してしまう治療

ということなのです。

この、むし歯の治療と再発を繰り返し、やがて歯を失ってしまうという「負のデンタルスパイラル」についてはこちらをご覧ください。
【負のデンタルスパイラル】※近日公開予定

保険診療を離れて素材に純金を用いれば、精密で適合のよい修復物を作ることができ、「むし歯が再発してしまう治療」にはなりません。そのため、金属の治療自体が悪ということではありません。
しかし現状では国際的に金の価格が高騰しており、わざわざ高額になる材料を選択して、口を開けたら金色にキラキラ輝く歯を望む人は少ないのではないでしょうか。
もし患者さん本人が金属色が口の中にあっても構わないという場合には、12K・14K等の純金治療もおすすめできます。

セラミック素材の修復物

しかしそうではない場合、適合がよく、見た目も自然で、費用もある程度抑えられる材料となると、選択肢は自ずとセラミックとなります。
当院ではそういった材料選択の結果として「メタルフリー」という治療方針となっているのです。

セラミックという材料の適合についてや、当院で制作するセラミック修復物については、こちらをご覧ください。
【セラミックという材料の特徴について】※近日公開予定
【デジタル至上主義では実現できない修復物の精度】※近日公開予定

保険診療外とはなりますが、適合のよいセラミックの修復物に最適な合着方法を用いれば、治療後の歯の状態は安定し、むし歯の再発リスクも低くなります
そのため必要最低限のケアを行えば、健康な状態を長く保てるようになります。
「メタルフリー」という治療においても、「長期予防的低介入治療」という考え方が根底にあるのです。

2020年8月4日(火) [ 治療について ]

当院の治療では、「ラバーダム防湿法」を必ず用います

ラバーダム装着

ラバーダム防湿法。

皆さんは聞き慣れない言葉だと思います。

この写真のような、ゴムでできたシートをラバーダムといいます。
そして、露出している歯がこれから治療を行う歯です。
このラバーダムを用いた治療法を、ラバーダム防湿法と呼びます。
当院では歯の根っこの治療時には、必ずこの治療法を用います

ではこのラバーダム防湿法には、どのような意味があるのでしょうか?
それを理解するには、まずむし歯の原因を知る必要があります。

人の口の中には、むし歯菌が存在します。この菌は常在菌と呼ばれ、ほとんどの人の口の中に存在しています。歯の小さな亀裂や隙間などにこの菌が入り込み、繁殖してしまうことでむし歯が引き起こされます。
つまり、人の口の中にはむし歯菌が存在し、むし歯とは菌による感染症である、ということです。

次に、歯の根っこの治療について考えてみましょう。
むし歯が神経にまで達してしまった場合には、歯の根っこの中の神経を全て取り除き、キレイに掃除します。

根管治療

そして掃除が終わったら、薬剤を詰めて歯にフタをします。

ここで先ほどの説明を思い出してください。人の口の中には、むし歯菌が存在しています。もし治療中にだ液などが根っこの中に入ってしまっていたら、歯の中にむし歯菌を閉じ込めてしまうことになるのです。
そうなると治療後は何もなくても、数ヶ月後、数年後にそこからむし歯が再発してしまう可能性が非常に高くなります。

それを防ぐための方法が、ラバーダム防湿法です。
ラバーダムを用いて治療する歯だけを露出させることで、口の中のだ液などが歯の中に侵入することを防ぐ(=防湿)のです。

ラバーダム防湿法を用いる治療と、用いない治療では、用いた治療の方が圧倒的によい状態を保てます。
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)の使用の有無よりも、ラバーダム防湿法の有無の方が、治療成績に大きな影響を与えます。

アメリカの歯科治療では、ラバーダムを使わないで治療をすると訴訟になるとまで言われています。

治療風景

当院では、歯の根っこの治療時には必ずラバーダム防湿法を用います
患者さんが嫌がられたとしても、必ずこの方法で治療を行います。
これは「長期予防的低介入治療」という、当院の治療信念に基づいているからです。

タグ

カテゴリー一覧